ロボットプログラミングblog

徒然なるままに。当社で行っている、クラカズ・プログラミング・スクールの事例とプログラミングを取り巻くAI情報紹介などを行っていきます。

本日は第46回目のプログラミング教室がありました。
今日は前回作ってもらったスキャン付きアームロボが途中で終わってしまったため、最後まで完成させます。

前回はアームを使ってブロックを掴む動作とブロックを離す動作だけを作ってもらいました。
今回はこのロボットで一番肝となる赤外線センサーをつかってブロックがあるかないか判定させるプログラムを追加します。

赤外線センサーでブロックがあるかないかを判定することも難しいですが判定した場所を記録させないといけないので少々複雑です。
スタンダードコース難関の問題だったため今回は先生と一緒に最後まで進めて完成させました。

最後まで完成できたのでみなさん達成感は感じられたのではないでしょうか

若干時間があったので応用問題も解いてもらいました。
応用問題は複数のブロックを判定し1回のスキャンでブロック全てを運びます。
複数の場所を記録するためには前回習ったリストというプログラムを使います。
考え方だけ教え解いてもらいましたがさすがに難しかったみたいです。
今月は応用問題をちょっと考えてもらったところで時間となってしまったのでここまで。
次回はスタンダードコース最後のテキストになります。


お電話でのお問い合せはこちら

電話番号:0835-28-2020